爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル

2016年09月21日

水虫退治は敵の水虫の種類を検証

水虫退治の肝は、水虫がどんな種類なのかを徹底検証することが一番です。


二階から目薬なんて言いますが、的外れでは治る水虫も治らないばかりかかえって酷くしてしまうこともあるかもしれません・・。


足の指先や足裏がかゆいと水虫を疑いますが、水虫の正体である真菌に詳しい専門家によれば「水虫だと思い受診する人の約半数が湿疹やかぶれなどの場合が多い」と話すのです。専門医でも見た目では判断が難しいこともあり、顕微鏡で白癬(はくせん)菌がいるかどうかで診断するのがポイントです。


たとえば、足の場合には3つのタイプがあります。
指の間にできる趾間(しかん)型、水ぶくれのようなものができる小水疱(すいほう)型、皮膚が硬くなる角質増殖型です。


かゆみや痛みを伴うのは趾間型と小水疱型で、これらが慢性化すると角質増殖型に移行することが多いのです。


水虫の治療には、白癬菌を死滅させる抗真菌薬の塗り薬や飲み薬を使います。
今ではテルビナフィンやブテナフィンといった、医療機関で処方される抗真菌薬と同じ成分を含む市販薬が薬局でも手に入るので、皮膚科を受診せず、市販薬で治そうとする人も多いようです。


ただし注意したいのが、種類と治療薬の選択で「自己判断で市販薬を使うと、症状を悪化させることがある」と専門家は指摘するのです。


趾間型の場合、ジクジクした症状があるときに抗真菌薬を使うと、かぶれや二次感染を起こすことがあるので、まずはステロイド剤などで乾燥させてから治療します。


また薬は症状のある部分だけでなく、両足の指の間から足の裏全体に塗るのがポイントです。
1日1回、皮膚が清潔な入浴後に使用すると効果的です。


そして、1回に片足に塗る量は、チューブ入りの薬なら人さし指の第一関節分が目安です。「10グラム入りチューブなら、1カ月で3本程度を使う」程度でしょう。


最後に症状が治まっても白癬菌は残っているので完治には角質が新しくなるまで最低でも1カ月は薬を使い、菌を完全に退治する必要があることを覚えておきましょう。


普段から足を清潔に保つことです。入浴時にはせっけんを泡立て、手の指を使って、足の指の間から足裏全体を丁寧に洗うことに気を付けておきましょう。


水虫は家族間でも簡単に移ってしまうものです。
根気よく治療をして完治を目指すことと、周りに移さないように清潔にしておくことを心がけましょう。


imageCAJ32KRF.jpg
ラベル:水虫退治
posted by nonmizu at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

水虫治療薬を自主回収

水虫治療薬を自主回収したニュースが入りました。


水虫治療薬を自主回収


第一三共傘下の第一三共ヘルスケアは27日、水虫治療薬「ピロエースZ」シリーズ4製品の約66万個を自主回収すると発表しました。


使用している原薬の製造業者が、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)から製造管理や品質管理の不備について指摘を受けたためです。


興和(名古屋市)も同じ製造業者の原薬を使用している製品、水虫治療薬「フットガンコーワ液」と「フットガンコーワクリーム」について、計約54万個を回収すると発表しました。いずれの社も健康への影響はないとしています。


今の話題はマンションの杭打ち不備が大きなものですが、水虫治療薬にも飛び火なのでしょうか?


何事においても誠意や真実を尽くして欲しいものですね!



imageCA1WLMVM.jpg
posted by nonmizu at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

足の嫌な臭いとイソ吉草酸

足の嫌な臭いの原因はイソ吉草酸という物質です。


足の臭いというのは自分で嗅いでも嫌なものですが、他人にも迷惑をかけているとなれば放ってはおけません。
季節の変わり目で、服装も変わる時期には足の臭いに要注意です。


ところで足の臭いとは何の臭いなのでしょう?
禅問答の様ですが、臭いには必ず原因があり原因物質もあるのです。
その原因の謎は、あの微生物です。


微生物というのは、完全に殺菌してしまったと思っても必ずどこかにいるものです。
口臭の原因も微生物ですし、腋臭や足の嫌な臭いも同じく微生物が関与しているのです。
もう少し詳しく言えば細菌や真菌等の微生物です。


ただ、微生物も自分が生きていくために餌を食べているのであって、その餌が汗や汚れなのです。
つまり微生物は、汗や汚れも分解してくれて言うのです。
ただ、その過程ではむせかえるような強烈な臭いが発生するのです。
その嫌な臭いの物質がイソ吉草酸なのです。


どぶの臭いはメタンガスの臭いですが、これも同じく微生物の活動の結果出てくるものです。
微生物が活動してくれなければ、モノが分解していきませんので大変なことになります。
ということは、その途中で出来る臭いも我慢しなければならない・・?


いやいや、そんなことはありません。
つまり、完全には出来なくても臭い対策には微生物や垢などの汚れを出さない様にすればいいのです。
足の臭いなら、足の裏や爪の中をしっかりと綺麗に洗うことです。


微生物の餌が少なければ、そこでは繁殖しにくいのは言うまでもありません。
足を綺麗に清潔に保つにはシッカリと洗うことが第一です。


靴や靴下も同じものを連日履かないことも必要です。
雨などで靴が湿ったらよく乾かしておきましょう。


なお、アロマオイルの消臭効果も捨て難いものです
また、白癬菌で起こる水虫が足に出来ていれば臭いやかゆみが当然に出てきます。
シッカリと水虫退治も行っておきましょう。





posted by nonmizu at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

爪で健康状態

爪で健康状態が分かるとか言われますが本当でしょうか?


爪を見ていたら、根元の白い半月型の部分の大きさにバラつきがあったり、縦にいくつもの線が入っているのが見えたりと、妙な点がいくつか目につきます。


爪は栄養状態を顕著に反映するとも聞くことがあり、これは健康上のなんらかのサインなのでしょうか!? 


専門家に聞いてみました。

「爪の根元の白い部分は、“爪半月”と呼ばれます。爪は根元にある爪母で作られ、毎日およそ0.1〜0.15mmずつ伸びていくのですが、できたての爪は水分を多く含んでいるため、このように白く見えるんです。

爪の根元は甘皮で包まれているため、この甘皮がしっかり付いているほど爪半月は小さく見えます。つまり健康状態とは無関係に、指先をよく使う作業をしている人などはこの甘皮が剥がれやすく、結果として爪半月が大きく露出することになります。

そもそも爪の成長スピードには多少の個人差があり、成長が早いほど爪半月は大きくなる傾向があるといいます。
だから、他人と比較して爪半月が大きかったり小さかったりしても問題はないのです。」


少し安心ですね・・。
ところで、爪に走るこの縦ラインは?


「これは爪の老化現象のひとつです。年齢とともに爪の下の皮膚がデコボコしてくるために起こるといわれています。とくに40代を超えると顕著になるもので、やむを得ない症状ですね」


また、ごくまれに、爪に横ラインが入る現象が見られるが、これは過去の体調が影響しているといいます。


たとえば、病気で高熱にうなされたり、大きなストレスを被ったりすることで、一時的に爪の成長に変調をきたし、その時に作られた部分があとからせり上がってくるのです。
わたしたちの顔にも年輪というか苦労の跡が伺えますが、爪にもそんな痕跡があるということです。


そういう風に考えてみれば、ネイルアートというのも多少考えものでしょうか?
綺麗に見えるネイルアートですが、爪からの何らかの信号は塞いでしまうことになります。
もっとも、健康に問題のない若い女性が多いので被害は余り出ないのかもしれません・・。


爪を見て健康を類推するまではできないのかもしれませんが、爪も皮膚の一種ですから私たちの体の何らかのサインを送ってくれていることだけは間違いないと思います。
余り気にしすぎるのも問題でしょうが、爪の変化にも留意しておくのは良いことだと思います。


ただし、白く濁った爪はダメですよ!
これは、ハッキリと爪水虫が原因ですから、クリアネイルなどの薬剤を根気よく塗って、しっかりと治しておきましょう!!


「関連記事」
爪と爪水虫
爪水虫をやっつけろ
爪水虫に罹ったらクリアネイル
爪水虫を治さないと水虫は克服、退治出来ない


1.jpg
posted by nonmizu at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

もしも彼が水虫だったら

もしも彼が水虫だったらどうしましょうか・・?


どんなに大好きなカレであっても、水虫をうつされるのは避けたいものです。
一昔前は水虫というと女性よりも男性の病気というイメージが強かったのですが、最近では水虫患者の男女比は半々なのだそうです。


水虫を放っておくと慢性化する危険性があり、毎年夏になると再発し惨めな思いをすることになります。


そこで、まずはうつらないための予防が肝心です。
家族や親しい人から水虫をうつされないためには、どのようなことに気をつけていればいいのでしょうか?

imageCA1WLMVM.jpg


1:バスマットは共有しない

水虫の菌である白癬菌が素足に付着することによって水虫がうつるので、バスマットは共有しないように気をつけましょう。


白癬菌が皮膚に付着してもスグに洗い流せば感染を防げるともいわれていますが、足を洗いすぎている人は皮膚が傷つき抵抗力が弱まっていることもあるので、念のためバスマットは共有しないほうが無難でしょう。


2:カレ専用のスリッパを履いてもらう

実はバスマットだけではなく、水虫の人が素足で歩いた床やラグ、畳なども感染源になってしまうので、素足で歩くとそれらに付着した菌から感染してしまいます。

水虫の人には室内では専用のスリッパを履いてもらうように注意してもらうことが重要です。
ただ、なかなか言い出せないものですので、「この可愛いスリッパをいつも履いていてね!」とプレゼントする作戦は如何でしょう・・。


3:乾燥した環境をつくる

水虫に関する実験では、湿度が85%以下だと菌が1週間ついた状態でも感染しなかったのに対して、95%では1日半〜4日で、100%では約1日で感染するという結果が出ました。


つまり注意していても万が一、白癬菌が足に付着してしまった場合、感染を防ぐ策として常に湿度をおさえ、乾いた環境を作っておくことが大切ということです。


水虫を予防するためには感染している人からうつらないように注意することに加えて、自分自身の足も長時間ムレやすい靴を履くことなどは避け、清潔な足を保つように心がけてください。


そして、万が一水虫に罹ったと感じる様な痒みが手や足から感じたら、早めに水虫薬を塗っておけば安心できます。
何事も、準備と早期の対策が肝心ですね!
posted by nonmizu at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。