爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル

2013年01月30日

爪水虫を治さないと水虫は克服、退治出来ない

爪水虫は、水虫の最後の牙城です。
爪水虫は、いわば水虫が爪の中に籠城している様なものなのです。


爪水虫は足の水虫をきちんと直さなかったために、足から爪に白癬菌が移り住んでしまったのです。
爪は皮膚の一部ではありますが、頑丈な鎧を着ている様なものなので、白癬菌は爪を貯蔵庫として菌を播き散らし足の水虫も治りません。


爪水虫を完治しない限り、足の水虫と爪水虫のキャッチボールが続くのです。
そして、残念なことに爪は固いので中々薬がしみ込んでくれないのです。


爪水虫は、内服薬で治療することが多いのですが、内服薬による胃腸障害が出やすいことがあります。
そこで恐ろしい話ですが、グラインダーで爪に穴をあけたりして菌の病巣を取り除いてから抗真菌剤を塗る様なことも行われていました。
考えただけでもぞっとしますね・・。


今は、浸透性の良い薬が開発され、爪水虫も比較的楽に治療できるようになりました。
医学や薬学の進歩に感謝しなければなりません!!


「関連記事」
爪と爪水虫
爪水虫をやっつけろ
爪水虫に罹ったらクリアネイル


おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ




ラベル:退治 予防 爪水虫
posted by nonmizu at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。