爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル

2013年12月09日

爪水虫に罹ったらクリアネイル

爪水虫に罹ったらクリアネイルで完治させておきたいものです。


爪水虫の恐怖をご存知でしょうか?
爪という硬い皮膚の中に、白く濁っていく爪水虫!
それは、なんだか底のない洞窟を行くような感じなのです。
どこまでも侵食が進んでいくような・・。

水虫1.jpg


1.jpg


最近は少なくなりましたが、トゲが刺さるという言葉やトゲが刺さった経験をされた人は多いでしょう。
少なくなったのは、建材の表面コーティング技術が優れているのか、木材そのものを使う場面が減ってきたのか、ともかくトゲが刺さらなくなりました。


それはいいことなのですが、こんなところにも時代の流れを感じるものです。
トゲの話ですが、トゲが刺されば痛いのですぐに抜きますよね。
手で抜けることもあれば、トゲ抜きとか針を使って抜きます。
多少痛い思いをしますが、ともかく何とか抜けるものです。
そこにはあまり恐怖感はありません。


水虫の場合はどうでしょうか?
手の間や足の間にできた水虫は結構痒いものですが、最近では良い薬がたくさんありますので、薬を気長に塗っておけば何とか治るという安心感があります。
それは直感的なものです。


でも、爪水虫の場合は違うんです。
初期の頃は、あまり気にはなりませんが、だんだんと爪の色が深く白く濁ってくれば、まずこれは大変だという感じがしてきます。


それはトゲではないからです。
トゲなら抜いたら何とかなります。
でも爪水虫は、底のない洞窟のようなもので、どうなってしまうんだろうという恐怖感が漂うのです。


とても簡単に治らない感じなのです。
とともに、皮膚の中、爪の中までジワジワと侵されていく感じがするのです。
なにか手を打たないと皮膚そのもの、爪そのものがボロボロになっていくような・・。


これは、爪水虫にかかった人でないと実感できない恐怖です。
本当にどうしようと恐ろしくなります。


でも、多くの人は中々お医者さんに行く時間が取れないのです。
水虫くらい自分でなんとかしたい、そう思うのが普通です。
で、あれこれトライするのですが、そううまくことが運びません。


それは、結局のところ水虫の白癬菌が、皮膚の深いところ、爪の中に潜んでしまっているからなのです。
爪の中まで入って行って、水虫の菌にダメージを与えるクリアネイルの様な薬でなければならないのです。


爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル

posted by nonmizu at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。