爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル

2014年05月09日

爪と爪水虫

爪と爪水虫についてアレコレと考えてみました。


爪は綺麗な人が何となく清潔でいいですね。
ただ、ネイルサロンにいって濃厚に化粧したりネイルアートに凝り過ぎている爪はどうかと思います。
勿論好き好きですね。


口紅も同じかもしれません。
さりげない口紅は、おしとやかで感じもいいのですが、余り派手な口紅はどうでしょう?
まあ、やはり好みの問題と周りの視線の問題かもしれません。


ネイルアートにしても口紅にしても、お肌にしてもそうですが、何らかの化粧を施しますね。
上手く化粧が合えばいいのですが、そんなふうに思えないケースも多いものです。
まあ、化粧ですから下地が大切なことは言うまでもありません。
下地を思いっきり隠してしまうのは化粧なのかどうか・・?


話が外れ過ぎですが、爪にしても唇やお肌にしても綺麗な肌が望ましいことは言うまでもありません。
爪は固いので骨と同じようにカルシウムで出来ていると思われている人がいる様ですが、実は皮膚の一部なのでケラチンというタンパク質で出来ているのです。


タンパク質だから、白癬菌という水虫菌にもやられるのです
爪に移った水虫を爪水虫といいますが、爪が真っ白になてしまいます。
また、見た目にもとても不潔そうに思えます。

imageCAJ32KRF.jpg

爪は本来さくら貝色といいますか綺麗な薄ピンク色です。
これは爪の下の血管が透けて見えるためで、爪は薄くて固い状態がいいのです。


そして、手の爪は1カ月に3mm程度伸び、足の爪は半分の1.5mm程度伸びる様です。
でも、水虫にやられた爪は余り伸びません。
イジケタ格好で白濁してしまうのです。
温泉やゴルフ場のお風呂などで白濁した爪を見るのは嫌なものですね。
綺麗に治しておいて欲しいと思います。


爪水虫は、爪にいるものと皮膚にいるものとで種類が違いません。
だから、やっと爪水虫を直したと思っても、他の足や手の指に水虫がいたらまた復活してしまいます。
完治させるのは、ともかく気長に薬を塗って治療するしかありません。


その間に気をつけなくてはならないことは、家族に移さないことです。
お風呂場の足ふきマットなどには水虫菌が散らばっている可能性がありますのでよく気をつけることです。


ただ、綺麗に手や足を洗っておけば、簡単には水虫は皮膚の中に入らないので大丈夫です。
汗をかいて不潔にしたまま放置しておくことが何より水虫を喜ばせてしまうのです。


これから梅雨に入り、じめじめした気候と高温で汗をかきやすくなります。
つまり水虫が最も繁殖しやすくなる季節です。

imageCAG27BZU.jpg

家族に移さない様にシッカリと薬を塗って完治させるとともに、常に手足を清潔に保つように心掛けましょう。
そうしておけば、いつも笑顔でいられるはずですね!

「関連記事」
爪水虫をやっつけろ
爪水虫に罹ったらクリアネイル
爪水虫を治さないと水虫は克服、退治出来ない


ラベル: 爪水虫 水虫
posted by nonmizu at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。