爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル

2014年05月23日

水虫神話

水虫神話なんて話がある様な無い様な・・・?


病気にも色々な種類があり、その治療法も様々ですが、いわゆる民間療法なんてものもあります。
江戸時代の祈祷師ではないですが、何か分からぬ呪文を唱えれば神隠しの子供や娘が戻ってくるなんて時代劇があります。
遠山の金さんや水戸黄門では、大抵こうした祈祷師は悪人とグルです・・。


そんなイカサマ野郎の話ではなく、アロエは万能の薬だとか、ドクダミも胃腸に良いなんてのは民間の知恵とでも言うべき療法かもしれません。


いま自然農法の農家で脚光を浴びているのが、木酢酸とか竹酢酸です。
木酢酸は炭を作る時に出てくる蒸気と煙を回収して冷やしたもので、害虫の忌避効果や病気の予防に使われています。


竹炭製造時に出来るのが竹酢酸で、アトピーや乾燥肌、冷え性、花粉症にも効果があるようです。
害虫の忌避効果や植物の成長促進効果もあるようです。
酢酸とは酢のことですから、その酸性度合いによって何らかの効果が出るように思われます。


その酢を使って足を洗えば水虫が治る、とか言われているそうです。
将に民間神話、民間療法でしょうが、残念ながら効果の方は余り期待できないと思います。


少なくとも、酢の酸度では水虫の白癬菌を殺すことはできません
まあ、毎回綺麗に酢で足を洗っておけば水虫の予防効果は十分に期待できると思います。


水虫は、水虫菌がいる体の垢を通して移っていくので、足を綺麗に洗っておくことはとても大切です。
仮に水虫菌がいる垢を踏んで帰ったとしても、水虫菌は皮膚の角質層に入り込むまでに1〜2日必要ですから、それまでに払い流しておけばいいのです。


水虫は清潔にしておけ、これが鉄則であり水虫退治の掟でもあります。
民間療法では中々退治できませんので、それなりの薬を根気よく塗り続けることが水虫をやっつけるベストの方法だと思います。


「関連記事」
水虫の水泡
素足の快感と水虫
爪水虫をやっつけろ
posted by nonmizu at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。